ワゴジャパン リレーソケット 簡単結線と信頼性を両立

ワゴジャパンの電線がゆるまないリレーソケット 「858シリーズ」は、電線結線部にPush-in CAGE CLAMPスプリングを採用し、簡単結線と信頼性を両立している。

同社のCAGE CLAMPスプリングは、1977年のドイツ国鉄で採用されて以来、国内外の鉄道分野で38年の実績を持つ信頼性に優れた結線技術。Push-in CAGE CLAMPは従来のCAGE CLAMPと同様、ドライバ操作でより線を簡単に結線できる特徴を持ちながら、単線または圧着端子付き電線であれば差し込むだけのPush-in接続が可能になった新タイプ。スクリューレスであるためネジ締めのトルク管理は不要で、振動や温度変化などでも緩むことがない。

また、メンテナンスしにくい場所、振動の多い場所などへのリレー設置に最適で、トータルコストの削減や信頼性向上を実現できる。

さらに、ソケットにはMYタイプのリレーを装着できるため汎用(はんよう)性に優れる。

公式サイト>>> http://www.wago.co.jp

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る