富士電機アメリカ 火力発電の米RTS社買収

2015年8月19日

富士電機の米子会社、富士電機アメリカは、火力発電プラントサービス事業を展開する米RTSホールディング社グループ(ミズーリ州サリバン)の事業のすべてを買収する。 これに伴い富士電機アメリカは、100%出資の新会社「リライアブル・タービン・サービス」を8月31日に設立する。 新会社は、蒸気タービン・発電機および周辺機器の修理・補修をスピーディに行うことで、設備の停止期間を短縮するとともに、サービスメニューの拡充、サービス網の拡大などを進め、2018年度60億円の売り上げを目指す。