Check !!

人と機器をより良くつなぐACCESSのUI設計 IoTを進化させる「M2H」でビジネス創出をサポート

low__MG_0904「M2Mの次はM2H(マシンtoヒューマン)。IoTの進化は機器と人との円滑なコミュニケーションがカギになる。両者をつなぐUIが重要だ」-こう語るのはACCESS(東京都千代田区猿楽町2-8-8、TEL043-212-2230、兼子孝夫社長)の取締役執行役員植松理昌CTO。IoTで機器が進化していくと、これまで以上に人と機器の意思疎通の機会が増え、正しく、漏れなくスムーズな情報伝達が必須になる。同社は30年以上、機器とインターネットをつなぐ組込み技術とUI設計を手掛け、IoT時代にさらなる飛躍を目指す。

いまIoTは、M2Mで機器同士がインターネットでつながり、人間不在で機器を自動で動かす全自動化の動きがある。人による作業も依然存在し、それぞれに一長一短。両者の利点を備えるのが”人と機器との協調”で、ロボットをはじめ、さまざまな場面で人と機器とのコミュニケーション活用が出てきている。そのベースとなるのがM2Hで、そこには優れたUI設計が求められる。

同社のクラウド型メッセージサービス「Linkit」は、スマホで人と機器がチャットで会話できるインターフェース。ソフトバンクの感情認識パーソナルロボット「Pepper」に採用され、人とロボットのシームレスなコミュニケーションに大きく貢献している。

Linkitで家にいる家族に向けてメッセージを送ると、Pepperが家族の様子や感情を認識してスタンプや文字情報で返信。その様子で家の状況が分かる。まるで人とコミュニケーションするように機器と会話できる。

「人が使い慣れたUIにすることでよりコミュニケーションが密になり、それによりIoTが広がっていく」(植松氏)。

ACCESS_ACCESSConnect同社はLinkitをはじめ、IoTに必要なプラットフォームからミドルウェア、アプリケーションまでフルラインナップ。機器開発用のSDKも提供している。IoT機器を開発したい、サービスを展開したいという企業は、必要なものを組み合わせてスピーディーにIoTサービスをスタートできる。

「IoTに取り組む企業にとって、すべての要素を個別に開発するのは大変。そこをACCESS
Connectという形でIoTに必要な要素技術をすべて提供している」(植松氏)。

同社はこれまで、携帯電話やカーナビ、テレビ、ゲーム機にインターネット接続を可能にする組込みソフトを多数開発。iモードのブラウザなど、人とインターネットをつなぐUIを作ってきた。

植松氏は「IoTで機器がネットにつながって相互連携する時代。これからは人と機器とのコミュニケーション、M2Hが広がっていく。ACCESS
Connectで企業のIoTビジネス創出をサポートしていきたい」と話している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG