ヤマハ発動機 ロボットドライバの新製品を発売 位置決め製定時間40%短縮

2015年8月5日

ヤマハ発動機は、産業用ロボットの制御をつかさどるロボットドライバの新製品「RDV-X」と「RDV-P」を9月に発売する。価格は7万5000円から。発売から1年間で2機種合計1500台の販売を予定している。 応答周波数が従来機種に比べて2倍に向上。単軸ロボットの位置決め整定時間を従来機種に比べて40%短縮した。またコンパクト設計で、制御盤内の設置幅も同45%の省スペース化を実現した。従来機種と同様のパラメータ設定と取付穴を同ピッチにするなど互換性を重視。置き換えが容易。