落雷による被害増加 対策や機器で新たな市場形成 情報化社会の進展背景に

2015年7月29日

情報化社会が進展するなかで、落雷による被害も増えている。同時に、その被害を未然に防ぐための対策や機器も増加して、新たな市場を形成している。PV(太陽光発電)システムや風力発電システムなど、落雷が起こりやすい設備が増えていることもあり、関連市場の裾野も広がりを見せている。 “夏は落雷の季節と言われるが、気象庁の雷監視システムによる夏(6~8月)と冬(12~2月)の雷の地域的な特徴を見ると、雷は夏.冬を問わず発生している。夏は、関東や中部、近畿地方を中心とした広い範囲で多数の検知がみられ、年間の総検知数の大部分を占めるが、冬も日本海沿岸での検知数が多くなっている。 落雷の被害も、200…