【産業用ロボットの今】大手自動車メーカーも採用の「ロボットワークス」 ティーチング工数1/10 ~富士ロボット~

富士ロボット_山下社長 (1)産業用ロボットの導入で頭を悩ませるのが”ティーチング”だ。専門的な知識と技術が必要で、難しい上に時間がかかる。富士ロボット(横浜市港北区篠原町2557、TEL045-517-7258、山下夏樹社長)が扱うオフラインティーチングソフト「ロボットワークス」は、大手自動車メーカーが採用し、ティーチング工数1/10を実現。簡単にティーチングができ、ロボット導入の強い味方だ。山下社長に聞いた。

-産業用ロボットの市場をどう見ているか?

山下社長
間違いなく盛り上がっている。人手不足が深刻化するなかで生産性も上げていかなければいけない。そこで役に立つのがロボットだ。しかし導入に際し、大きな壁がある。ロボットに動きを教え込む「ティーチング」だ。ティーチングが1人前にできるようになるまでには最低でも2・3年はかかる。外部から技術者を呼ぶと1日あたり1人で10万円以上と言われる。中小企業では予算的に厳しく、大企業でも導入できる会社は限られる。ロボットを普及させるには、ティーチングの問題を解決することが重要だ。

-他にもオフラインティーチングソフトがあるが?

山下社長
オフラインティーチングソフトを使えば、ロボットの実機を使わずにパソコン上で3D表示しながらティーチングできる。しかし、ほとんどのソフトの手間は普通のティーチングと変わらない。3DCADデータから自動でティーチングができるものもあるが、それらは1000万円以上もする。

富士ロボット_ロボット・ティーチングソフトウェア-RobotWorks_square250 (1)また多くのソフトの最大の問題は、パソコン上でティーチングがうまくいっても、実機で動かすとズレるということだ。そのズレの補正をソフト上でできないため、現場で直すしかない。ここに多くの工数を要する。

-御社の製品は何が違うのか?

山下社長
1日のトレーニングで使いこなせるほど操作が簡単、ズレの補正機能もあるので大手自動車メーカーでティーチング時間が1/10になった実績がある。現場向きの豊富な機能も多くある。あらゆる3DCADで作成されたデータを取り込むことができるだけでなく、ノートPCでもサクサク動く。

-これからについて。

山下社長
産業用ロボットは約20年前からティーチングの方法は変わっていない。ロボットワークスでティーチング革命を起こし、生産性向上に貢献したい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG