横河電機 レーザーガス分析計「TDLS8000」を開発 測定精度と操作性向上

2015年5月13日

横河電機は、プラントの燃焼時のガス濃度を直接・高速に測定できるレーザガス分析計「TDLS8000」を開発。7日から販売を開始した。 プラントでは、燃焼時の省エネ・CO2排出量の削減に向け、最適な燃焼状態が必要とされる。新製品は、酸素、一酸化炭素、二酸化炭素、アンモニアなどのガス濃度を直接・高速に測定でき、世界的にヒットした「TDLS200」の後継機種で、測定精度と操作性を改善している。 投光部に「リファレンスセル」を搭載し、吸光度のピーク検知の正確性を向上。オートゲイン機能によって測定対象に応じて検出感度を最適化し、石炭の燃焼ガスなどダスト濃度が大きく変動するガスも高精度に測定可能。IECの安…