安川電機 ACサーボドライブ「Σ-7」シリーズ 50W~15kWラインアップで幅広い用途に対応

安川電機は、ACサーボドライブでグローバルNo1のシェアを有し、国内外で取り組みを強めている。

現在注力している「Σ―7シリーズ」は、「Σ―V(ファイブ)シリーズ」の後継機として、「e―motional Solution」のコンセプトのもと、”装置性能””使いやすさ””環境性能””安心””サポート””ラインアップ””互換性”の7つにポイントを置いて開発した。

機種も50W~15kWまでのラインアップが完成し、幅広い用途へ対応できる。

速度応答周波数は、3・1kヘルツと世界最高を実現するとともに、振動抑制機能などを更に進化させている。

Σ―Ⅴで好評を得ていた調整レス機能を更に進化させながら安定性が約2倍に向上し、ゲインの調整なしで発振せずに俊敏に動かせる。また、装置内のサーボエネルギーを有効活用して、2軸アンプやDCバスの接続による複数軸間での回生エネルギーの活用などにより、大幅な省エネ化も実現している。

しかも、機能安全規格でIEC61508安全度水準SIL3にも対応している。

また、モータの体積は、Σ―V比80%の世界最小レベルの小型化を図りながら、業界最高分解能の24ビットエンコーダなども搭載。

公式サイト : http://www.yaskawa.co.jp

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG