灯台

ドイツのメルケル首相が7年ぶりに来日した。ドイツと日本は産業構造が似ていることなどから比較されることが多い。今のドイツの話題は欧州で独り勝ちの強い経済力であるが、もうひとつは第4次産業革命とも言われている「インダストリー4・0」の構想を提唱した当事国である。規格などを産官学あげて制定し先行する欧州企業の戦略はいつもながら感心するが、今回の「インダストリー4・0」は規格ではなくコンセプトである▼ドイツに後れを取らないように、同様の構想は米国や日本企業も提唱している。国際規格でないだけに、絶対的なものがあるわけではない。考え方に賛同するかどうかの問題である。それでもドイツのこの動きが気になるのは、日本と同様にものづくりで有する高い技術力と、バックにEUという大きな連合体がついているためだ。規格でなくとも共同戦線は脅威である▼「インダストリー4・0」の動きに対して日本企業も後れを取っているわけではない。制御セキュリティ面を強化した「インダストリー4・1J」という独自のコンセプトも提唱している。また、EUや米国に対して、アジアという大きな市場がある。まず、ここで浸透させることが重要だ。ドイツの共同戦線に対し、日本は企業間の競争で体力を消耗し、結果的に負けることが多い。大企業から中小企業までがまとまったオールジャパン体制での取り組みが重要になってくる。ものづくり大国・日本の底力を示したい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG