富士電機機器制御 小容量用途の「SKシリーズ」 世界最小クラスを実現

富士電機機器制御は、電磁開閉器の国内トップメーカーとして豊富な品ぞろえと実績を有する。中心機種は9A~800AフレームまでそろったSC
NEOシリーズと、2・2kW以下の小容量用途用に世界最小クラスのSKシリーズ。

このうち、SKシリーズは、小型化・低消費エネルギーニーズに対応して小型アクチュエータの採用をはじめ、設計を大幅に見直して小型化と軽量化、低消費電力化を実現した。外形サイズは45(幅)×48(高さ)×49(奥行き)ミリで、交流制御品と直流制御品を、同一寸法で実現している。

また、このほど32A定格で横幅53ミリタイプも追加し、さらに機種が豊富になった。しかも新設計の電磁石の採用で、直流操作品は電磁石容量2・4Wと、SN―C1形比73%減少した(極性あり)。さらに、着脱可能な端子カバーを標準で装備し、IP20の保護構造で安全性に考慮するとともに、ミラーコンタクト機能も装備している。短絡電流定格値(SCCR)は50kA480Vとなっている。そのほか、マニュアルモータスタータ(MMS)BM3シリーズと組み合わせることで、コンパクトで高次元な電動機制御回路を構成できる。

国内外規格は、JIS、IEC、GB、UL、TUV、CCCなどを標準で取得している。

公式Web : http://www.fujielectric.co.jp/fcs/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG