ピーアンドエフ ポジションガイドセンサ「PGV」 同時に3つの位置情報処理

FAセンサーで幅広い品ぞろえを誇るドイツのセンサメーカー、ピーアンドエフ(PEPPERL+FUCHS)のポジションガイドセンサ「PGV」は、内蔵のカメラで同時に3つの異なる位置情報(基幹となるカラーバンド、高解像度の2次元データマトリックスコード、トリガー用コントロールコード)をスキャンして処理でき、正確で信頼性のある制御が可能となっており、AGV(無人搬送車)などの位置制御に最適。

また、高反射面であっても異なる色のルート追跡用カラーバンド(テープ・ペンキ)や、2次元データマトリックスコードを確実に検出できる。しかも優れた耐外来光干渉性能(10万ルクス以上)を有し、コントラスト処理も不要。

さらに、ワイドスキャンウィンドウと2次元データマトリックス技術の融合は、破損や汚れで欠損した位置情報も補完し、シームレスなナビゲーションを提供できる。

そのほか、コンパクトなハウジングは小さいAGVにも内蔵でき、プラグアンドプレイによる簡単接続と多様なインターフェイス(RS485、Profibus、Profinet、CANopen、EtherNet/IP)のラインナップで使いやすい。

公式Web : http://www.pepperl-fuchs.jp

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG