Check !!

サンナイオートメーション 「取引の窓口を広く深く」 内藤孝輔代表取締役社長

アベノミクス効果を期待しながら日本の製造業復活による需要が出てくると思って取り組んでいるが、昨年の売り上げをみると、その成果は見られない。内需は新規の設備投資は少なく、リニューアル需要中心に推移しているのが実状である。こうした需要も従来からの部品販売のやり方では、価格と納期だけの勝負に巻き込まれることが多くなっている。こうした中で、単なる部品販売から、色々な面でお客様の手間を省けるようにすることで付加価値を高め、今後の商社としての存在価値の発揮に繋がるものと認識しながら努力をしている。

そのひとつとして、省エネや環境、防犯・安全などに関連した市場を狙いながら取り組みを強めている。また、お客様の生産技術や資材購買、保全以外の、総務部門などにも販売の窓口を広げられるような取り組みとして、『川崎ものづくりブランド』にも認定された独自開発の長期滞在用防災マット「クイックナップ」の拡販も行っている。すでに川崎市に非常用として約5000枚を納入したほか、金融機関をはじめとした企業にも納入が進んでいる。この販売が本業ではないが、これをきっかけにしてお客様との繋がりが広がり深まることで、FA制御機器や省エネ、防犯などの関連機器の販売にも繋がってくることを期待している。

さらに、「クイックナップ」に改良を加えて、介護用のマットや車椅子用クッションなどへの応用も検討している。

FA制御機器の販売はお客様との長いお付き合いの中で使ってもらえるだけに、この繋がりを大事にしながら信頼を確立し、2桁の売り上げ増を目指して今年も取り組む覚悟である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG