タムラ製作所 「デュアルチャンバーN2リフロー」販売開始 実装工程の効率化を促進

タムラ製作所(東京都練馬区東大泉1―19―43、TEL03―3978―2111、田村直樹社長)は、同時に別々の温度設定、スピード設定で実装できる「デュアルチャンバーN2リフロー」を開発、1月から販売を開始した。モバイル機器や車載など、さまざまな部品を数多く実装するような現場において、省スペース化・実装時間の短縮化の一助となる製品として、国内外で広く販売していく。

リフロー炉はプリント基板にはんだペーストを塗り、部品を載せて基板ごと炉で熱してはんだ付けする装置。

通常のN2リフローの場合、温度帯・接合に要する時間が違う部品は一緒に実装することができないため、複数の装置が必要になる。

今回の新製品は、ヒーターをそれぞれのリールに設置し、コンベアスピードも調整できるような仕様にすることで、温度帯・接合にかかる時間帯が異なる部品を同時に一つの装置で実装できるため、増産や他品種生産に柔軟に対応できる実装ラインづくりに寄与する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG