FAセンサ 半導体製造装置や工作機械の生産増で追い風 光電センサが定着

FAセンサは、計測や判別などの役割を果たしている。日本電気制御機器工業会(NECA)の2014年度(14年4月~15年3月)の検出用スイッチ出荷額は、上期で前年同期比105・5%の564億円となっている。国内出荷は横ばいだが、輸出は114・3%と2桁の伸びとなっている。NECAでは通期で104・6%の1135億円と予測している。

FAセンサは、半導体・液晶製造装置、自動車製造関連、工作機械などの各種加工機械関連、電子部品、食品・医薬品・化粧品の3品分野など、幅広い市場で使用されているが、特にこのところ半導体製造装置や工作機械の生産増が大きな追い風になっている。

FAセンサの中でも市場が大きく代表的な光電センサは、LEDや半導体レーザを光源にした非接触センサとして、市場に定着している。半導体や液晶製造装置での微小物体検出用として、高精度、ローコスト、取り扱いやすく、最近は小型化と長距離検出、高い保護特性などが進み、検出距離50メートル、保護特性IP69Kなどもある。

食品機械などの光沢検出、包装機械などでのマーク検出の分野では、カメラ、照明、カラーモニタを一体化したローエンドセンサが伸びている。
近接センサは、耐環境性が良く、高温・多湿、防爆雰囲気、水中などで使用できるという、他のセンサにはない独自の特徴がある。6ミリ角の超小型タイプや、オールメタルタイプも増え、金属体、非金属体の混流ラインでも使用できる。検出距離は、数ミリから数十ミリが一般的だが、最近は長距離タイプも発売されている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG