IDEC 幅6ミリの薄形インターフェイスリレー発売 スプリングクランプ端子採用

2014年11月19日

IDECは、接触信頼性と耐振動性に優れるスプリングクランプ端子を採用した、幅約6ミリの薄形インターフェイスリレー「RV8H形」を発売した。標準価格は1100~1200円。初年度販売目標は5万台。 RV8H形は、DINレール用ソケットと組み合わせたインターフェイスリレー。端子部は、接触信頼性と耐振動性を兼ね備えたスプリングクランプ方式を採用。バネの力を利用し電線を接続する方式で、ドライバー1本で配線が可能。配線時の省工数と低コスト化にも貢献し、欧米で主流となっている。なお、押ねじタイプも完備。 制御盤内のスペースを有効活用するため、リレーとソケットの幅は、業界最薄クラス6・1ミリ、DINレールか…