安川電機 完全自動化の植物工場システム 来年3月めどに開発

安川電機は、今年3月から世界でトップクラスの植物工場での野菜生産量を誇るスプレッド(京都市下京区、稲田信二代表取締役)と業務提携しているが、来年3月をめどに世界初となる完全自動化した植物工場システムの開発を進めている。

今回の提携は、スプレッドが得意とする大規模栽培技術と、同社の強みである「モーションコントロール技術」「エネルギー変換技術」「ロボット制御技術」を融合して、野菜の育成状況に応じた栽培環境(温度・湿度・養液・CO2・照射等)の制御と、種まきから収穫・出荷までの栽培作業の自動化をパッケージ化することを狙っている。

今後、「栽培作業の効率性」と「栽培の収益性」を野菜の栽培テストを通じて検証を重ね、2016年度には国内外に向けた植物工場システムの販売を開始する計画。

スプレッドは、人工光完全環境制御型植物工場を運営し、年間770万株を生産・販売する世界でトップクラスの生産量を誇る。日本での植物工場産レタスのマーケット占有率もトップクラスの実績を有している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG