安川電機 完全自動化の植物工場システム 来年3月めどに開発

2014年10月22日

安川電機は、今年3月から世界でトップクラスの植物工場での野菜生産量を誇るスプレッド(京都市下京区、稲田信二代表取締役)と業務提携しているが、来年3月をめどに世界初となる完全自動化した植物工場システムの開発を進めている。 今回の提携は、スプレッドが得意とする大規模栽培技術と、同社の強みである「モーションコントロール技術」「エネルギー変換技術」「ロボット制御技術」を融合して、野菜の育成状況に応じた栽培環境(温度・湿度・養液・CO2・照射等)の制御と、種まきから収穫・出荷までの栽培作業の自動化をパッケージ化することを狙っている。 今後、「栽培作業の効率性」と「栽培の収益性」を野菜の栽培テストを通じて…