三菱電機 「昇降機QMセンター」が稼働

2014年10月8日

三菱電機が、稲沢製作所(愛知県稲沢市)内で建設を進めていたエレベーターなどの開発検証施設「昇降機QMセンター」がこのほど竣工、稼働を開始した。 新興国の経済発展に伴い、世界の昇降機需要は大きく増加しており、同社は世界92カ国に累計100万台を超えるエレベーター・エスカレーターを納入している。 稲沢製作所はその中核工場になっており、各製造拠点と連携し市場ニーズに合った開発・製造体制の強化を図るため、従来、点在していた開発検証施設を新建屋に統合した。 建屋は3階建てで、建築面積は1925平方メートル、延べ床面積は5800平方メートル。総投資額は約30億円。 センターでは、安全・品質にかかわる昇降機…