横河電機 統合生産制御システムの機能強化 タグマークの色と形状で異常表示

2014年7月30日

横河電機は、統合生産制御システム「CENTUM VP(センタム・ブイピー)」の機能を強化した「CENTUM VP R5・04」を発売した。価格は400万円から。2014年度1000システムの販売を見込む。 今回の機能強化では、これまで、測定値が正常範囲から逸脱すると、測定対象(タグ)ごとに付与された監視画面上のマーク(タグマーク)の色を変えて異常を知らせていたが、R5・04では、タグマークの色と形状で異常を表示する機能を追加した。色に加え、形により異常を示すことで、測定対象の重要度と異常の程度(重大、危険レベル高、中、低など)を一目で認識できる。また、アラーム音の種類を増やし、異常の程度や、ど…