ピーアンドエフ アナログ近接センサ「PMI360DーF130」 360度の位置検出可能

ピーアンドエフは、近接センサでは幅広いラインアップを有しているが、この中でもアナログ出力近接センサ、PMIシリーズで360度の位置検出が可能な「PMI360D―F130」モデルがユニークだ。

ワークの回転軸にメタルが埋め込まれた専用ターゲット「BT―F130―A」を取り付け、センサ本体に埋め込まれたコイルで位置検出する仕組みで、3種類のバリエーションがある。

回転動作角度に比例したアナログ出力(電流4―20mA/電圧0―10V)のタイプ、3つのスイッチング出力を持つタイプ、そしてアナログ出力と2つのスイッチング出力を組み合わせたタイプが完備。組み合わせタイプのセンサは独立したON/OFFスイッチ付きのアナログ位置フィードバックセンサとしてバルブアクチュエータの開き角度モニタリングなどにメリットを発揮する。

測定範囲とスイッチング範囲両方のパラメータ化が可能で、精度は〓〓1度以内。また、測定方向は時計回りまたは反時計回りの選択ができる。0地点と出力地点のティーチングも可能。コンパクトで80ミリ×30ミリの標準取り付けプレートに設置可能、接続はM12コネクタケーブルを使用する。
(http://www.pepperl‐fuchs.jp)(紙上参加)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG