アルゴシステム オールインワンコントローラ「HiViP−CHシリーズ」バリューパフォマンス向上

アルゴシステムは、顧客の生産性向上を進めるために、バリューパフォーマンスを追求したオールインワンコントローラ「HiViP(ハイビップ)—Cシリーズ」を今夏から本格発売する。

同シリーズは、HMI、PLC、同期制御、画像処理まで可能。高速ネットワークEtherCAT対応のワンストップソリューション製品で、従来のPLCによる制御システムを1台のコントローラで実現している。

インテルの最新高性能プロセッサ「Atom Bay Trail」を搭載。CPUの演算能力は、最大で同社のCeleronプロセッサ搭載機種の約2倍。より高速な演算処理と用途の拡大が図れる。グラフィック性能は同約2・5倍で高精細な動画再生も容易に実現。消費電力は同約半分と省エネ設計である。

国際標準規格IEC61131—3準拠のソフトウェアPLCを搭載し、リアルタイムOS「INtime」との連携でリアルタイム性能を大幅にアップ。2万ステップ/42μsの高速処理を実現した。PLCopen準拠の位置決め/同期制御のモーション制御ソフトウェア、HMIソフトウェアも搭載している。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る