オリエンタルモーター、ステッピングモーターユニットに取り付け角20、28ミリを追加

2014年5月21日

オリエンタルモーター(東京都台東区東上野4―8―1、TEL03―6744―0411、野村重幸社長)は、ステッピングモーターユニットDC電源入力CVKシリーズに、標準タイプ取り付け角寸法20ミリと28ミリを追加発売した。

CVKシリーズの2相と5相のドライバは、サイズ・取り付け・I/Oコネクタが同一であることから、低速高トルクでは2相、低振動・高精度位置決めでは5相を使用するなど要求仕様に合わせて選定でき、さらに業界最小クラスの小型軽量、同等価格のため好評で、シリーズ充実が要望されていた。

今回発売の機種は、標準タイプ2相(基本ステップ角1・8°)の取り付け角20ミリ、同28ミリと、標準タイプ5相(同0・72度)の取り付け角28ミリの3機種。