オムロン、高速と高精度の両立を実現。ハイスピード1200万画素カメラ

オムロンは、画像処理システム「FHシリーズ」に、ハイスピードCMOS1200万画素カラーカメラ「形FH―SC12」、同1200万画素モノクロカメラ「形FH―SM12」を発売した。価格はオープン。

新製品は、高解像度画像の処理スピードを機械の使用スピードにマッチするよう、画像入力時間を大幅に改善。カメラ台数が増えた場合や高解像度の場合でも、高速画像入力でタクトタイム短縮を実現した。
FHセンサコントローラの処理項目に、画像にある文字を文字情報として読み出すOCR機能を追加。印字された文字の間隔が近接している場合や、文字列が湾曲してしまう場合でも、文字を安定して読み取ることができ、歩留まりを改善する。

従来の文字読み取りは、実物の撮影画像を基にした辞書登録が必要だったが、多種類のフォントや歪みなど印字状態の変動を事前学習した辞書を内蔵。辞書登録の手間が削減でき、機械の立上げ工数削減に貢献する。さらに、特殊フォントを読み取る場合、辞書に追加することも可能。

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る