CC-Link協会(CLPA)新会長に木村文彦氏

CC―Link協会(CLPA)は、会長の関口隆横浜国立大学名誉教授の後任の新会長として、法政大学理工学部の木村文彦教授が就任した、と発表した。

木村文彦氏は、生産システム工学とCAD/CAMの分野における日本の第一人者として知られ、生産システムの発展にかかわる数多くの功績により国内外で高い評価を受けている。

会長就任に当たり、木村氏は「生産システムはいま、エネルギー・資源の制約という課題に直面している。省エネルギーや省資源を意識した次世代の生産システムを実現することが必須」と語っている。

CLPAは、日本初&発の産業用オープンネットワーク「CC―Link」の普及団体として2000年に設立。8社の幹事会社を中心に、今年3月末で海外1465社を含む2097社が会員になっている。

最先端の領域に精通した木村新会長の就任により、製造業の未来を意識したCLPAの活動が一段と強化されるものと期待されている。

木村文彦新会長は、1974年東京大学大学院博士課程修了。同年通商産業省(現経済産業省)工業技術院電子技術総合研究所に入所。79年から東京大学で「インバース・マニュファクチャリング」「ライフサイクル工学」「形状モデリング」などのテーマを研究。09年に法政大学へ移籍し、生産システム工学、設計工学、ライフサイクル工学の分野を中心に研究を続けてきた。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG