中央電子 水冷式「Cool Loop 2」 熱交換器のみの交換可能

中央電子はラック用熱対策機器として、水冷式の「Cool
LoopⅡ」「Cool
Therm」、空冷・水冷・冷水の3方式が使える「Liebert
CRV」、空冷式の「Cool
Add」「Cool
Serve」、水冷リアドアタイプの「Knuerr
DCD」など、用途別に最適な提案ができる冷却方式を用意しているほか、関連するソリューション提案への取り組みも強めている。

このうち、Cool
LoopⅡは、熱交換器をモジュール構造にしたことで、経年使用後も熱交換器のみの交換が容易に行えるようになった。モジュール構造で熱交換器のみ交換できる方法は同社のみである。

また、ファンモータもモジュール構造のため、データセンターの熱負荷に応じて、ファンの使用数を調整でき、過剰な設備投資がなくすことができる。

さらに、データセンターのサーバー冷却方式のオープン式とクローズ式の両方に対応できる。オープン式では、補助冷却設備として室内空調設備をサポートし、クローズ式ではサーバーラックを密閉して冷気のみ循環させることで、高効率な冷却を実現できる。

同社では、ラックの未実装スペースを塞ぐブランクパネル「EZIblank」も販売している。熱気と冷気の混流を防ぎ、省エネルギー化につながる。必要なサイズに自由に分割でき、工具やねじなしで、施工・取り外しが可能。
(http://www.cec.co.jp/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG