太陽光発電システム関連機器 富士電機機器制御

富士電機機器制御は、PV(太陽光発電)システム向けに、DCブレーカActi9
DC、Compact
NSX
DC、G―Twin
DCの各シリーズや、絶縁監視ユニットビジロームシリーズ、ストリング監視ユニットF―MPC
PVシリーズ、それに22kV特別高圧機器などをそろえている。

このうち、ストリング監視ユニットF―MPC
PVシリーズは、PVパネルの組み合わせ単位(ストリング)ごとの発電電圧・電流を計測して、パネルの故障、施工ミスなどに起因する発電低下をタイムリーに発見するもの。最大1000Vの直流回路を、ユニット1台で12ストリングまで計測可能で、RS―485通信でデータを収集できる。

本体の外形サイズは、284W×128H×71Dミリとコンパクトで、DINレールに取り付けでき、接続箱に収納できる。

さらに、監視可能なソフトウェアを使用することで、パワーコンディショナと複数のストリング監視ユニットで、見える化システムも構築可能。
(http://www.fujielectric.co.jp/fcs/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG