三菱電機 ノーヒューズ遮断器「HDVシリーズ」 コンパクト設計で省施工

2014年3月26日

三菱電機は、PV(太陽光発電)システムの接続箱・集電箱・パワーコンディショナなどに最適な、ノーヒューズ遮断器「HDVシリーズ」やノーヒューズスイッチ「KB―HD」などを販売している。

HDVシリーズは、600VDC(直流)の高電圧に対応しながら、接続箱・集電箱の小型化ニーズに向けて、DC400Vおよび、DC600V125Aまでは横幅75ミリ、DC600V250Vは同105ミリとコンパクトな設計となっている。

また、逆接続配線も可能なため、配線工事の省施工・省配線にも貢献する。

一方、KB―HDは開放放電DC600Vに対応可能で、横幅25ミリ、縦95ミリの小型設計で、接続箱・集電箱のコンパクト化に貢献する。JIS

8201―3に適合しており、安全・安心で使用できる。

そのほか、交流集電箱や分電盤に最適な単3中性線欠相保護付き漏電遮断器「NV50―NKC」(MGスイッチ付き)もそろえている。逆接続にも対応可能。

(http://www.MitsubishiElectric.co.jp/fa)