河村電器産業 産業用接続箱「SPVHシリーズ」 業界最大級の開閉器容量20A

河村電器産業は、業界最大級の開閉器容量20Aを実現した産業用接続箱「PVHシリーズ」「SPVHシリーズ」を発売した。太陽光発電システムの低圧配電設備費を大幅に削減できる。

これらは、1回路あたりの入力電流を、従来の10Aから20Aに容量アップ、回路数が2分の1で済み、設備費、施工費を大幅に削減可能。

従来の最大入力電圧DC600Vから750Vに使用範囲を拡大、すべての低圧区分の太陽光発電システムに対応している。

また、従来はオプションで用意されていた外アンカー固定金具が標準装備になった。4回路単位で開閉器、ダイオードをユニット化、盤寸法が小形になり、設置性がアップしている。

薄膜系太陽電池モジュールの場合、1回路を20Aとすることで、従来の1アレイ1回路を2アレイ1回路にできる。

「PVHシリーズ」は鉄板製、「SPVHシリーズ」はステンレス製。折板屋根用の平置きタイプもある。
(http://www.kawamura.co.jp/)

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る