オプテックス・エフエー 3D画像検査装置発売 マルチポイントで高さ計測が可能

オプテックス・エフエー(小國勇社長)は、マルチポイントでの高さ計測が可能なローコストの3D画像検査装置「3D―Eye30シリーズ」=写真=を発売した。システム価格は工事/オプションを除き最小構成で100万円から。年間国内販売目標は100台。

新製品は、同社のJFAS(ジェイファス)ブランドの製品。ワンショットで、複数ポイントの高さ情報を瞬時に獲得できる機能により、従来のX・Y軸方向と高さのZ軸を加えた3次元の計測を、より簡単・低価格で実現することができる。

カメラヘッドは、2つのCMOSセンサと、パターンプロジェクタを搭載したマルチアクティブステレオカメラを採用。

ランダムドットパターンを投影した検査対象を、2つのカメラで別角度から撮影することができ、距離測定が難しい無地のワークでも3D画像を正確に得ることができる。同カメラヘッドに加え、高さや傾斜の判定機能を備えたPC用ソフトウェアとコントローラを標準装備。

カメラ解像度は752×480画素。最小分解能モデル、標準モデル、最大広角モデルがあり、それぞれワークディスタンスは280/700/1500ミリ。視野は46×41/346×243/1700×1200ミリ。Z軸分解能0・03/0・45/4・7ミリ、XY軸分解能0・09/0・51/3・4ミリ。

同社では、食品業界での箱内定位置や定量確認、自動車部品業界でのクランプ部品の姿勢検査、カプセル薬封入検査など、様々な用途に向け、販売を行っていく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG