ケーブルアクセサリー エコ製品や再利用タイプの開発進む

2014年2月26日

ケーブルアクセサリーや配線ダクトは、配線機器を保持する役割を果たしている。 最近では端子台、コネクタに比例して需要が増えている。ケーブルアクセサリーは、受配電盤・制御盤をはじめ、家電や自動車向けを中心に堅調に伸長している。 環境に配慮したエコ製品の開発や、再利用できるタイプの開発が進んでいる。 また、ケーブルと取り付けベースを一体化した製品や、素材にエンジニアプラスチックやステンレススチールを採用し、機械特性や耐候性を高めたタイプが、建築現場や鉄道分野、船舶・航空機分野など、屋外使用の分野で市場を拡大している。