経済産業省、厚生労働省 ロボット技術の介護支援事業強化

2014年2月5日

経済産業省と厚生労働省は、ロボット介護機器の開発・実用化へ支援事業を強化する。ロボット技術の介護利用における重点分野として、新たに入浴支援など3項目を追加し5分野8項目に拡大して開発を支援するほか、大規模な実証を行う。3月に支援と実証事業を公募、今年度補正予算と来年度予算合わせて46億円を計上し事業を拡充する。両省は、2012年11月に「ロボット技術の介護利用における重点分野」を策定、今年度から移乗介助・移動支援・排泄支援・認知症の見守りの4分野5項目の開発支援に乗り出している。今年度補正予算20億5000万円を活用し15機種1500台程度の介護施設での大規模な実証を行う。3月にこの補助事業の…