熱陰極電離真空計JIS化 仕様表記を統一

経済産業省は、熱陰極電離真空計について仕様の表記法のJISZ8129を制定した。トレーサビリティを考慮した測定を行うために、メーカーが表記すべき仕様の項目および表記法、不確かさ要因を明らかにするためである。

熱陰極電離真空計は、1Pa以下の圧力領域を測定する機器として半導体製造装置、ディスプレイ製造装置、真空溶解炉、分析装置など真空を利用する機器に採用されている。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る