2013年ロボット受注、2年ぶりプラス

2014年2月5日

日本ロボット工業会が38社の会員べースでまとめた2013年のロボット受注は、12年比台数で11・3%増の11万574台、金額で同3・8%増の4174億円と、いずれも2年振りにプラスになった。 また、会員外も含めた13年の年間生産額は5280億円と前年並みと見込まれ、14年は世界景気の回復と国内設備投資促進税制の施行などで設備投資が活発化することが期待されることから、6000億円台へ回復する見通し。