一弘電機 村松弘代表取締役社長 電気設備工事部門に力

2014年1月29日

昨年を振り返ってみると、安倍政権が打ち出した脱デフレへの成長戦略、金融緩和策により、景気に対する期待感が先行したといえる。東海地区は自動車産業が牽引し、工作機械も10月以降ようやく生産が持ち直し出した。しかし、中小製造業は引き続き厳しい状況が続いている。 こうした中で、当社は電気設備工事部門の受注が増えており、電子部品・制御機器販売部門は制御機器や機械工具、電材との商社間取引が堅調に推移したものの、アミューズメント向け販売は一昨年と比べ低調であった。 今年は「甲午」で、真夏に生い茂る大木を意味するといわれているが、4月から消費税8%への引き上げが実施される影響を勘案すると、自動車、大型家電、住…