中西電機工業 中西政男代表取締役社長 「信頼つみあげる」実行

2014年1月29日

昨年は、基本テーマに「学ぶ、覚える」、行動テーマに「お手伝いする」を掲げ、日々の営業を展開してきた。また、地域密着型のショールームを各地に設置してきたが、昨年は3月に豊田ショールームを改築新装できた。

中部地区の景気は自動車などの業種は良いが、全体的には業種によって格差が出ている。そうした状況の中で、2013年11月期は売上高、利益ともに計画を達成できた。

今年の景気見通しは、為替レートの円安推移で自動車メーカーは収益を増やし、また昨年後半から工作機械の受注が上向いており、製造業は悪くならないと思う。消費税8%への引き上げの影響も一時的なものにとどまるのではなかろうか。

どのような景気動向になろうとも、当社の14年11月期は、「お役に立つ」の経営理念のもとに、基本テーマ「教えていただく」、行動テーマ「信頼をつみあげる」を掲げて、しっかり実行し、お客様の成長のお役に立ちたい。その結果として、売り上げ増加につなげていきたい。

取り扱い商品は高機能化しており、さらにシステムソリューションニーズも増えている。FA課では各種システム設計から加工組み立て、装置の立ち上げまで幅広く対応しお客様の生産性向上や省エネルギーを図るご提案をしているほか、各種セミナーなども開催している。春日電子、中西電工、中西音精、ナカネット誠和の子会社との連携を強め、より一層多様な加工技術の要求に対応したい。お客様からの要請もあって、春日井市に量産部門として勝川工場を建設しているが、8月末に完工予定である。また、商品在庫を充実し、お客様へのサービス向上を図る。