岡本無線電機 岡本弘取締役社長 積極的にプラス1活動

当社は、グローバルネットワークを駆使し、顧客に付加価値の高いソフトウェアとハードウェア、さらにシステムを迅速に提供することを通じ、新しい価値の創造に取り組んでいる。これらを実現するため、ニーズという情報の流れと、デリバリーというモノの流れをより密接にし、総合的なサービス体制を確立している。

さらに、オンラインによる情報管理と、全国規模で展開する物流ネットワークにより、エレクトロニクスのフレキシブルな交差点「E―ジャンクション」をコンセプトに事業展開を行っている。また、専門商社として顧客にプラスになるような活動が行えるよう、「プラス1」活動に積極的に取り組んでいる。

その取り組みの一環として、販売促進本部傘下に「マニュファクチャリングシステム部」を設立し、設備機器・システムの拡販に注力している。加えて、通信(有線・無線両面)及びネットワークに関連したアプリケーション提案を推進するため、同本部に「アプリケーション部」を設立し、光通信やクラウド、遠隔制御などを含むM2Mなどの通信分野におけるワンストップサービスを提供し、成果を挙げている。

今年の新しい取り組みでは、eコマースの拡充を図るため1月1日付で「EC部」を新設した。今後、新製品情報を中心に顧客への情報提供を充実させていく方針である。

人材育成については、技術・営業力だけでなく、顧客ニーズに的確に対応できるよう総合的な人材育成を行っている。特に、海外の担当者に関しては、効果的な語学研修を行い、現地のニーズに対応できるような人材育成を目指している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG