サンワテクノス 山本勢代表取締役社長 快適な生活空間を提案

昨年4月から3カ年の第8次中期経営計画「JUMP1200」をスタートさせ、最終年度の2016年度3月期に連結売上高1200億円、売上高経常利益率3・5%以上を継続的に確保することに取り組んでいる。今年度上期は、第2四半期としては過去最高の売上高を達成するなど堅調で、残り3カ月も計画達成に全力を挙げる。今年も、景気に悪くなる要素がないことから期待している。

国内では、LED照明やメガソーラといった省エネや新エネなどのエネルギー関連分野が牽引役となって、工場や社会生活全般での快適な生活空間づくりに向けた新しい市場が出来つつあり、扱い商品幅も広がってきている。工場内も生産設備の予防保全を行うことで、故障などのトラブルを未然に防止し、設備の安定稼働と保全費用の低減などにつながる新しいソリューションも生まれつつある。こうした市場と商品が変化する中で訪問する部門も変わってきていることから、営業社員も男性だけでなく、女性の活用も増やしていきたい。

海外市場への取り組みも継続して強化しているが、工作機械メーカーの多い台湾の台中に今年3月、台湾で3カ所目の拠点を開設する。安川電機製品の現地でのエンジニアリング力が求められていることから精通したSEを配置し、現地の社員を責任者にした体制にする。

また、インドネシア、メキシコ、フィリピンも、条件が整えば早いうちに拠点を開設したいと考えている。

昨年10月、香港に国際物流センターを開設し、365日24時間体制のデリバリーを目指している。これまでの海外施策により、本年度の海外売り上げは30%を超える。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG