不二電機工業 LED式表示灯シリーズ 鉄道車両向けで高実績

2014年1月29日

不二電機工業は、鉄道車両向けに各種の高機能スイッチや表示灯・表示器を納入しており、高い実績と評価を得ている。

鉄道車両向け表示灯・表示器では、LED式表示灯シリーズとして、角形・丸形、角形集合表示灯など豊富な種類を取りそろえている。

小型の本体に直接DC100Vが印加でき、省スペースと、配線工数低減に貢献する。丸形シリーズは防水仕様もラインアップ。

白熱球仕様のソケットにも改造なしで装着可能なLED球もある。口金はE12及びスワン式を取りそろえ、電圧、表示色とも選べる。

各種機器の動作状態を確認するために車両の側面に表示させる車両用側灯では、ドアが完全に閉まりきっていない時に点灯し続ける戸閉め表示灯がある。

また同社では、制御盤に使用されている白熱球の取り替え用として、「LED球LTHシリーズ」を発売している。白熱球仕様のソケットにも改造なしで装着できる(一部対象外)。消費電力は白熱球に比べ約90%カット、10万時間以上の長寿命を実現している。
(http://www.fujidk.co.jp/)