オムロン 回帰反射タイプのスマートレーザーセンサ発売

オムロンは、好評発売中のスマートレーザセンサ「E3NC―Lシリーズ」に、透過率の高いワークも安定検出する、回帰反射タイプのセンサヘッド「形E3NC―LH03」(標準価格2万500~2万4500円)、反射板「形E39―R21/22/RS10/RS11」(1000~3750円)、レンズアタッチメント「形E39―P51」(4000円)を追加発売した。E3NC―Lシリーズは、長距離検出と数メートル離れた場所でもレーザスポットの確認が容易で好評を得ている。新製品の回帰反射タイプは、光沢物体を安定して検出するMSR機能に加え、高周波重畳方式を採用。

投光量に比べ受光量が大幅に減衰する波長により安定した検出を実現。透過率の高いワークも安定検出し、透明フィルムから液晶パネル用ガラスまで検出が可能である。

センサヘッドに専用のレンズアタッチメント「形E39―P51」(別売)を取り付けることで、レーザビームの形状をスポットからラインに変更が可能。ビーム幅に広がりができ、より安定したワークの有無判別を行うとともに、これまで検出が困難だった粉体や液体の噴霧検出も可能になる。
センサヘッドに接続して使用するアンプユニット「形E3NC―LA□□」のDPC機能により、反射板やセンサヘッドがホコリや水などで汚れても、自動的に表示受光量を補正し長期の安定検出を実現。これにより、「チョコ停」の防止やメンテナンス工数の削減に貢献する。さらに、センサヘッドと反射板は保護構造IP67を実現、様々なアプリケーションに対応する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG