オーム電機 取付穴φ28ミリを実現した防水型ケーブルクランプセパレートタイプを発売

オーム電機(浜松市北区細江町中川7000―21、TEL053―522―5555、戸塚しづ子社長)は、好評の防水型ケーブルクランプOA―WHシリーズセパレート(分割)タイプに取り付け穴φ28ミリを追加発売した。

防水型ケーブルクランプOA―WHシリーズセパレートタイプは、パカッと割れて、コネクタを通す業界初のセパレートタイプケーブルクランプとして取り付け穴φ21ミリを発売以来、好評を得ている。そのため、今回、取り付け穴φ28ミリの新サイズを追加したもの。

近年、装置回りではコネクタと一体化したケーブルが多く採用されている。しかし、盤などへの引き込み時に現場では、コネクタがクランプに通らないという問題があり、現場でコネクタへの配線作業を行わざるを得なかった。

同社ではこうした課題を”クランプ本体を割って通す”という新発想で解決、ケーブルクランプで業界初の防水型セパレートタイプ(特許)を昨年発売したが、コネクタ付きケーブルを容易にクランプ、防水処理できることや取り付けたい箇所に通線不要で後付けできるので利便性が高いと評判を呼んでいた。

主な特徴は(1)防水型セパレートタイプを使用することで、コネクタへの配線作業が事前にハーネス化できるため、現場での作業効率が向上する(2)信頼性の高い装置の製作が可能になる(3)保護構造IP67に適合、ホコリや水・油などの浸入を防止できるなど。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG