IDECとシュナイダーエレクトリック 兵庫県福崎町と神戸市のメガソーラー発電を開始

2014年1月29日

IDECとシュナイダーエレクトリック(セルジュ・ゴールデンベルグ社長)は、互いの得意技術と製品力を生かして、兵庫県神崎郡福崎町の敷地4万7635平方メートルに、発電規模2MWと700kWのメガソーラー施設で、昨年12月19日から一般家庭約700世帯分に相当する発電を、また神戸市西区伊川谷の敷地約2万5000平方メートルに、発電規模2MWのメガソーラー施設で一般家庭約500世帯分に相当する発電を今月23日からそれぞれ開始した。 神戸市西区伊川谷には、もう一つの発電規模2MWの施設も完成しており、関西電力との連携で発電待機をしている。 この施設は、IDECグループが太陽光発電設備のシステム設計から…