内外電機 エネルギー買取制度対応キュービクル OVGRと変圧器を搭載

内外電機は、太陽光発電関連機器・システムとして、キュービクル、分電盤、接続箱、集電箱、パワーコンディショナ収容盤などをラインアップしている。

中でも2012年からスタートした、再生可能エネルギー源を用いて発電された電気を、国が定める価格で一定期間電気事業者が買い取る、固定価格買い取り制度に対応した「再生可能エネルギー固定価格買い取り制度対応キュービクル」が、好評を博している。

同キュービクルは、太陽光発電事業者による電力を売買(逆潮流)させるためのキュービクル。太陽光発電設備を高圧配電盤に系統連携するために必要な「地絡過電圧リレー」(OVGR)と、高圧に昇圧させる変圧器を搭載している。

主遮断装置の形式と設備容量は、「PS―S形」が300kVA以下、「CB形」が300kVA超過となっている。

昇圧する変圧器は、省エネ基準を満足させるトップランナー方式変圧器を使用している。

さらに同社は、需要が多い接続箱について、ダイオード式、ソーラーリレー式、折板屋根用をラインアップし、太陽光発電システムをサポートしている。
(http://www.naigai‐e.co.j
p)

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る