オムロン 社会貢献へ製販開企一体 森下義信代表取締役副社長 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー社長

2013年は長期経営構想VG2020の最初の3年であるGlobeステージの仕上げの年となった。

世界人口の増加に伴い、各所で豊かな生活を創るオートメーションが着実に普及した。我々は、部品使いこなし/工法構造/シミュレーションなどの技術開発とともに標準化、共有化を軸にスピードある強いコスト構造の商品開発を実行した。90を超える新商品を3年間で発売し、世界への普及とともに新興国での2桁を超える高い成長を果たした。同時に品質安全環境ニーズを含めて、より良い社会への動きはオートメーションをますます進化させている。11年から展開しているSysmacプラットフォームで機械のオートメーションでのINPUT―LOGIC―OUTPUT要素をシームレスにつなぎ、業界最速の高精度画像、ロボット接続、安全と制御の融合など各要素の進化を実現。機械のスループット向上と高速・高精度化を推進してきた。さらに世界標準IEC61131を採用しグローバルでの普及を進め、ビッグデータを活用できるSQLサーバ接続も実現した。機械の生産性にとどまらずお客様の経営改善への貢献を実行している。

サービスサポート体制では、中国で顧客サービス№1のお墨付きをいただき、経営理念、事業活動に高い評価と期待を寄せていただいている。14年はインド、シカゴにオートメーションセンターを設立し、より顧客に近く製販開企一体となり、さらにグローバル各所での貢献を強化。

安全、安心でエネルギーに優しい経営活動をマシンオートメーションの進化に貢献することで実現する。オートメーションパートナーとして、人と機械がベストマッチした安全で生産性の高いマシンへ、品質環境と経営改善への貢献とともに、思った通りに動く、止めない装置を目指し、グローバルでのオートメーション進化を通じ社会の発展に貢献していく。

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る