製品・技術展望 配線接続機器 DC高圧用端子台に注目

2014年1月8日

端子台、コネクタなどの配線接続機器は、電気機器の入出力を支える機器として重要な役割を果たしている。国内市場規模は、端子台が約500億円、コネクタは弱電用としての市場が大きく約4500億円となっている。最近は、太陽光発電など再生可能エネルギーの普及に伴い、DC(直流)の高圧化対応が求められており、メガソーラーなどのDC高圧用途でも使用できる、定格絶縁電圧1000Vや1500Vで開閉可能な端子台が発売されている。関連メーカーでもDC高圧用途に対応する製品開発を活発化させている。 端子台の機能面では、インテリジェント化や薄型化、省スペース化、狭ピッチ化が進んでいる。圧着端子を使用しない欧州タイプが作…