河村電器 都市型データセンター向けラック発売

【名古屋】河村電器産業(愛知県瀬戸市暁町3―86、TEL0561―86―8111、河村幸俊社長)は、免震装置に守られた都市型データセンター向けのラック「E―Class」を発売した。

これは、設置する場所の免震装置の有無により、ラックの選定基準(耐震性能)を変えたいというユーザーの要望に応えたもの。高性能の高耐震ラックを必要としない、大規模地震の加速度を250galまで減衰できる免震性能を満たす免震床や基礎免震構造で守られたデータセンターへの設置に適している。

耐震荷重は1000キログラムで、許容荷重は1000キログラム。開口面積が大きく、パネル取り付け機器の有効スペースが大きい。また、天井金具を使って新旧タイプを連結すれば、既設ラックの横にも増設できる。

その他、(1)搭載機器8000Wで、内部温度上昇10℃以下をクリア(2)コンセントバーを2本並列で設置できるスペースをラック背面に確保(3)サーバの出し入れや通路確保など、作業のしやすい270度開閉扉(4)底面開口部の拡大で、ラック内の冷却効率がアップ、配線作業も容易―などの特徴がある。

カラーは、ブラックとホワイトグレー。外形寸法は、高さが2000、2200ミリ、幅が600、700ミリ、奥行きが1000、1100、1200ミリのタイプがあり、組み合わせにより各種用意できる。標準価格は26万1000~36万8000円。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG