コグネックス ビジョンシステム用のソフトウェア発売 表面欠陥を簡単に検出

コグネックス(東京都文京区本駒込2―28―8、TEL0120―00―5409、井上誠社長)は、ビジョンシステムIn―Sight用のソフトウェアとして、検査ツールセットを装備した「Explorer
4・9」=写真=を発売した。

新ソフトは、傷検査ツールとシーン補正フィルタを新たに搭載することで、一般に困難とされる表面欠陥検出アプリケーションが容易に構築可能となる。

傷検査ツールは、傷、変色、焼け跡(黒斑)、ラベルのしわ、小さなくぼみ、剥がれ、ピンホールなどの表面欠陥を非常に簡単に検出することができ、またシーン補正フィルタは、明るさが不均等な画像のバランスを調整し、均等な照明を維持することで、より簡単な欠陥検出を実現できる。

さらに、前バージョンに搭載されたInspectEdge、およびFFDツールを組み合わせることによって、自動車、消費財、エレクトロニクス、食品など多くの用途での不良品排除に威力を発揮し、コスト削減とブランドイメージ保護にもつながる。

なお、In―Sightは、iQセンサソリューション(iQSS)ネットワークを搭載したCognex
Connect通信スイートとつなぐことで、工場内のさまざまな装置との通信を簡単に実現できる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG