ショットモリテックス ライン照明とバー照明発売 自由度高い設置を実現

2014年1月8日

ショットモリテックスは、高輝度LEDライン照明「MLNCシリーズ」と、ハイパワーバー照明「MHBCシリーズ」=写真=の販売を開始した。価格は、「MLNCシリーズ」が11万7000~15万9000円、「MHBCシリーズ」が9万~19万円。

「MLNCシリーズ」は、同社従来品に比べ10倍の明るさを実現し、筐体厚みも25ミリのコンパクト設計で、レンズ部の可動機構により集光位置を任意に調整することが可能。

機種は、発光部長100ミリ、200ミリ、300ミリの3種類があり、色は白色が標準で、赤色が受注生産品。

用途は、プリント基板の外観検査、液晶パネル、フィルムの外観検査、錠剤の表面検査、アンプルの異物検査などに最適。

一方、「MHBCシリーズ」は、検査対象と照明間の距離(ワーキングディスタンス)を長く取ることができることから、自由度の高い照明の設置や広範囲の均一照射を実現。

機種は発光部寸法で
150×42ミリ、300×42ミリ、450×42ミリ、600×42ミリの4品種があり、白色が標準で、赤色が受注生産品となっている。

用途は自動車などの大型機械部品の検査、医薬品・食品などのラベル印字検査、プリント基板上のハンダ検査など。