理光産業 「理光フロートテクノロジー」に来年から社名変更海外市場深耕社内意識改革

2013年11月27日

フロート、レベルスイッチメーカーの理光産業(大阪府富田林市中野町東2―2―52、TEL0721―26―0511、梅津卓式社長)は、海外市場のさらなる深耕と新規市場の開拓を推進するため、2014年1月1日から社名を「理光フロートテクノロジー」に変更する。 同社は、独自の加工・ブレンド技術により、高精度の比重設定を実現した耐久性と信頼性に優れるフロート、フロートを採用したレベルスイッチ、水・オイル検知センサを中心に事業展開を行っており、大容量タンクから機器装置組み込み用まで、材質・機能・性能別に豊富にそろえている。 特に、自動車・自動二輪車向けでは、燃料回りの制御を支える重要な部品として国内はもと…