調節弁の保全最適化アズビルが専門技術者による診断サービスを開始

2013年11月6日

アズビルは、プラントや工場の製造設備で重要な役割を果たす調節弁の保全を最適化する、専門技術者による診断サービスを10月29日から開始した=写真参照。これによって、製造現場の安全に不可欠な保全業務が効率化し、保全コストの削減にもつながる。 調節弁診断サービス費用は、60万円(調節弁10台まで。解析レポート、報告会実施を含む)からで、従来からの調節弁の点検整備や更新作業と合わせて調節弁メンテナンスに関連する事業全体で2016年度に50億円を目指す。 調節弁診断サービスは、調節弁に接続して制御システムからの開閉指示の信号を調節弁に伝える機器であるポジショナ「AVP3000Alphaplus(アルファ…