配電制御システム わが社の『有夢有希』 東京電気技術工業 代表取締役社長 坂口 義一 通信中心の受託開発会社に 制御盤とPLCボードの2本立て 会社概要

2013年10月30日

配電制御システム各社は、通信技術やマイコン技術の活用で事業の拡大を目指している。東京電気技術工業の坂口義一社長は「制御盤業界で勝ち残るには、特色をつけないといけない」と、PLCボード・コントローラの受託開発事業に取り組み、売り上げの半数を占めるまでになった。そこで、通信技術の強化で成果を挙げている坂口社長に「有夢有希」を語っていただいた。 ■配電制御システムとの出会い 坂口社長 ある大手新聞社の技術者として、新聞輪転機の制御に取り組んでいたが、優れた制御技術が評価され、いろいろな相談を受けるようになった。そのため、独立して要請に応えようと、1969年に創業、翌年の70年に現在の会社を設立した。…