次世代植物工場システム 安川が研究開発に着手 モーション、ロボット技術結集16年からスタート 安川とフィンランド・スイッチ社 発電機、コンバータの相互供給で業務提携

2013年10月9日

安川電機は、次世代植物工場システムの研究開発に着手した。2015年の同社創立100周年に向けて研究開発を加速させ、16年からシステム販売事業をスタートさせる計画。 同社は、中期経営計画「Realize 100」で掲げる新規事業創出の一環として、第1次産業領域への市場拡大を狙いに、ものづくりで培った「モーション制御技術」「エネルギー変換技術」「ロボット技術」を結集しながら、安全・安心な野菜の大量生産が可能な「安川電機が考える次世代植物工場システム」の実現を目指そうというもの。 農業を取り巻く環境は、国内では農業就業人口の減少、食糧自給率の低下、また震災後の食に対する安全・安心意識の高まり、そして…